♡♡♡ mahogany&oldrose ♡♡♡

mahogany&oldrose

profile ▼link  /   風景 食物 植物 雑貨 生物 人物 etc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校外学習 !

_IGP9318s.jpg
PENTAX k-7, TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 DiⅡ
F18 1/800 ISO400
今日は映像科の校外学習で、森美術館と東京都写真美術館に行ってきましたー。
やー楽しかった!

写真は集合時間前に撮った東京タワー。

天気は曇りでしたが、曇りどころか台風直撃かもと心配してた位なので、雨降らなかっただけでよし!
午前中六本木の森美術館で鑑賞、そしてお昼を挟みつつ恵比寿まで歩き、都写美での鑑賞です。

正直、時間が少なかった(^^; 美術館もフィールドワークも。
特に写真美術館なんか、たっぷり3フロアもある展示を80分じゃ回りきれない><
4時で解散だったので、その後もう一度ゆっくり見て帰ってきました。

『二十世紀肖像-全ての写真は、ポートレイトである。』が良かったっ
展示をまず流し見して、あれいいなあ、と思って近づいてみるとエリオット・アーウィット。
見たことない作品だったけど、名前を見る前からなんかすごい力で惹かれたんです。
CDのジャケットにもなったこの写真は、見たことある人も多いのではないかと思いますが
やっぱり著名な人の写真って、それだけの惹き付ける力があるんだなあ、と納得してしまいました。

あと橋口譲二という写真家の作品がすごく印象的だった。
少し緊張した顔で立つ若い男女の、記念写真のような作品。・・・写真集「17歳の地図」からの出典で
その名の通り、日本各地で17才の男子女子に声を掛け、撮って回った作品ということでした。
帰ってから少し調べたのですが、インタビューがまた深くて、はっとさせられます。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20081021/174622/
この人の写真集、欲しいなあ。


森美術館の方は、空間芸術が多くて、不思議な作品が多かった。
でも作品ごとに丁寧なキャプションがついてて、解説音声(でかい電話みたいな機械で聞ける)まであって良かった!
(特に抽象的な作品については)作者が何を思って作ったのかという解説が聞きたいタチなので、あれは嬉しいです。
でもこれも全部見て・聞いてたらどう考えても時間足りない・・・(^^;

とりあえず、レポート出さなきゃいけないからって
作品ごとに事務的に黙々と写真撮ってくみんなが面白かった(笑)
自分が作者だったら、おいおいって言うだろうけどね。ま、いいんですけど。


まあ、そんなこんなで、歩き疲れたけど楽しかったです^^

COMMENT

COMMENT FORM


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://ap8.blog11.fc2.com/tb.php/136-0f06b123

検索フォーム

PR

新規モニター登録

FC2Ad

/design by bitter Roc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。